お葬式のマナー1 髪型・服装編

2018.05.10

お葬式のマナー1 髪型・服装編

グーグルのサジェスト(検索に関連する単語)にて、トップに出てくる『マナー』
皆様お葬式の時って決まったマナーがあるのかどうか?
昔はおじいちゃんやおばあちゃんが教えてくれたりする事も
ありましたが、最近はなかなか知る機会も最近は少なくなってきましたよね。

本日はお葬式の基本的なマナーについてお伝えさせていただきます。
(※各宗派やご家庭、喪主様等で決められているマナーやルールがある場合はそちらに則るようにして下さい)

●ご遺族様の服装や持ち物は?
昔は正式礼装(男性なら羽二重の紋付きやモーニングコートに黒のネクタイ、女性は黒無地着物(五つ紋付))が主流でしたが、近年は略式礼装が主流ですので
男性なら黒のスーツ(ネクタイは黒・シャツは必ず白のもの)
女性も黒のフォーマルドレスや、黒のスーツの方も増えました。
女性の方で気をつけていただきたいのが、略式礼装といっても、パンツスーツは一般的なマナーとしてはあまり良くはありません。
フォーマルドレスをお持ちでない場合は、黒のフォーマルなワンピースや、アンサンブルスーツにした方がベターです。

●靴や装飾品について
男性は黒の革靴で、飾りが付いていたり、つま先が尖っているタイプの物はNGです。
女性は靴やバッグは必ず装飾の無いものにしましょう。
流行のラインストーンやリボンなど飾りの付いたもの、ブーツやサンダル(踵の無いパンプス)はマナー違反です。
ストッキングも肌色ではなく、黒色の物をお選びください。
また、ネックレスなどの装飾品ですが、男性は時計以外はNGで、女性もパールのネックレス、時計のみがベターです。
派手なネックレスやブレスレットなどは避けましょう。
特に宝石(光るビジュー系のアクセサリー)は華美ですので、避けて下さい。

●髪型について
髪型は、男性なら落ち着いた髪型にしましょう。女性の場合はポニーテールや巻髪など華美な髪型は避け、低い位置で髪を一つにくくりましょう。
髪の色が明るい方は男女共に黒に染めるのが無難です。
(1日のみ髪を染める髪専用のカラースプレーでも構いません)

いかがでしたでしょうか?
知っているようで案外知らない方も多いお葬式でのマナー
まだまだ続きますのでお楽しみに!